◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。
   2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 

吉祥寺ジャズ館、真夏のTZADIK特集開催中!

暑い夏は、クーラーの効いた部屋でカッコいいハードバップを聴いたりボサノヴァで癒されたい…。否、吉祥寺ジャズ館はそんな気怠い真夏の暑さにも負けないアヴァンギャルドも充実しています!前回のフランス辺境編に続き、今回はジョン・ゾーン主催のモンスターレーベル『TZADIK』特集です!
とっつきにくい印象や、レーベル全体で見るそのあまりの内容にたじろいでしまう事もしばしばありますが、今回は当店のスタッフが数あるタイトルの中から10作品を厳選致しました。
まずは手始めにさらっと聴くも良し、難解で重厚な現代音楽にどっぷりと浸るも良し!
それぞれ税抜き2,200円(ホセ・マセダのみ税抜き2,300円)
           
MATTHEW WELCH / BLARVUSTER

ルーファス・ハーレイ以降、ジャズにおけるバグパイプは死に絶えてしまったように思われましたが、ここにきて復活。とはいえジャズというよりは、よりテクニカルなプログレ的で、しかもインドネシアを通過してエキゾチックなサウンドに。そしてジャケットは「ケルズの書」。国境を軽く飛び越える汎世界音楽の新しいかたち。Matthew Welch、21世紀の最重要音楽家だと断言できます。ギターを弾くのは盟友Mary Halvorson。共にAnthony Braxton門下というから、なるほど全部納得。


COMPOSTELA / WADACHI

今は亡き篠田昌己率いる『コンポステラ』のライブアルバム。ライブならではの非常に臨場感溢れる演奏が記録されている。スタジオ録音のアルバムと比べて迫力が凄まじく、暗く重く嘆くような篠田のサックスが際立っている。全体的な完成度としてはスタジオ盤に軍配があがるが、一瞬一瞬の鋭いフレーズや聴衆の前での気持ちの入った演奏は代えがたい良さがある。名演!

STEVE LACY / SANDS

1998年、パリにある自宅で録られたソプラノ・サックス独奏。カバーアート:Ikue Mori。録音:Jean-Marc Foussat。TZADIKのラディカル・ジューイッシュ・カルチャー・シリーズの1枚。Steve Lacy、本名Steven Norman Lackritz。数あるレイシーのアルバムの中で、最も重要な演奏記録です。

 


JAMIE SAFT / TROUBLE


Electric Masadaの鍵盤奏者としてもお馴染みのJamie Saftによるボブ・ディラン曲集。ピアノ、ベース、ドラムのシンプルな編成で、とにかくブルージーで渋い! 変幻自在のヴォーカリストMike Pattonが参加する「Ballad Of A Thin Man」なんて、ディランというよりはトム・ウェイツを10倍カッコよくした感じ。ボブ・ディラン好きでなくても、十分に楽しめます。TZADIKピアノトリオ傑作です。


CRACOW KLEZMER BAND / REMEMBRANCE

現BESTER QUARTETの前身グループ。90年代にポーランドのクラクフで結成された俊英揃いの腕利きグループで、東欧民俗音楽の数ある潮流の一つ『クレズマー(ユダヤの冠婚葬祭、宗教音楽)』を高い演奏力と驚くべきセンスで高みに押し上げた。両グループそれぞれの名義で数枚のアルバムがTZADIKに残されているが、本作は彼らの良さが最も出たアルバムとなっているのではないだろうか。


CHRISTIAN WOLFF / BURDOCKS

ジョン・ケージやモートン・フェルドマンらと共に並んで語られることも多い、米実験音楽の重要人物。本作は唯一のTZADIK作品で、1970年代と1990年代の作品を収録。表題曲『BURDOCKS』では異常な緊張感とスリリングな展開に思わず息を呑み、続く『TUBA SONG』では静寂かつユニークな曲調でチューバという楽器の意外な一面を教えてくれる。ラストの『TRIOⅢ』ではシンプルながら微妙なピッチのズレ等を巧みに利用した確信犯的な仕掛けが憎い。実験音楽の巨匠という事に尻込みせず肩肘張らずに聞いて頂きたい、とてもユニークなアルバム。傑作!


DEREK BAILEY / STANDARDS
 
2002年作の『BALLADS』とほぼ同時期の録音となる、デレク・ベイリーによる「スタンダード」集。アコースティック・ギターでしっとり聴かせる、というのではもちろんなくて、"あの"ベイリー・サウンドは健在なのでご安心を。ところどころに馴染みのメロディーが現れてはピキピキとひびが入って崩れるみたいな、ある意味即興演奏の教科書のような超名演。『BALLADS』と並んで、ベイリーのアルバムの中で一番売れたとかいう噂もちらほら。



JOSE MACEDA / GONGS AND BAMBOOS


アジアと西洋を繋ぐフィリピンの作曲家。著書の『ドローンとメロディー/東南アジアの音楽思想』は親交が深かった高橋悠治が編訳。東南アジアの民族音楽に造詣が深く、フィリピン諸地域のフィールドワークにおいて現地録音した貴重な音源集がリリースされたのも記憶に新しい。本アルバムは68年から99年の三曲を収録。東南アジアの音楽思想と西洋現代音楽の手法が融合した壮大な音絵巻に終始圧倒される。アジアが生んだ最高の現代音楽作曲家の一人。

MEREDITH MONK / BEGINNINGS
 

ヴォーカリスト、ダンサー、振付師、演出家、映画製作者など、様々な肩書を持つハイパーパフォーマー。独創的で深遠な歌声と目を見張る作曲能力や演出能力に、ただただ唖然とするばかり。TZADIKからは本作の他にDVDのリリースのみですが、ECMの有名な作品群に勝るとも劣らない出来栄え。天才!



NANA VASCONCELOS / FRAGMENTS

惜しくも2016年3月に逝去した、パーカッション(ビリンバウ他)の世界的演奏家。TZADIK FILM MUSICシリーズの作品で、6つの映画の為にナナ・ヴァスコンセロスが作曲し、盟友エグベルト・ジスモンチも参加。残念ながらジスモンチとの来日デュオ公演は叶いませんでしたが、その名前は日本のファンの記憶にも深く留まる事かと思います。本作品もこれぞナナ・ヴァスコンセロスといった演奏が目白押し。大推薦!



【通販のご注文はこちらをクリック】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
中央線/井の頭線沿線にお住まいのみなさま!お売り下さい!
CD LPレコードアナログ DVD Blu-ray 音楽本 音楽書籍 などの買取
下取りを行っております!
吉祥寺・中野・立川・三鷹・武蔵境・荻窪・高円寺・阿佐ヶ谷・武蔵野・石神井・田無・小金井・西東京・小平・国分寺・国立・八王子・調布・府中・多摩・杉並・練馬・世田谷・浜田山・久我山・高井戸・桜上水・千歳烏山・永福町・明大前など即日出張、無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は49年の査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。
ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館 吉祥寺駅徒歩2分 
地図
0422-23-3532   0120-273-537  dkk@diskunion.co.jp 

友だち追加数 

ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。