◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。
   2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 

キース・ジャレットのECM新作2タイトル入荷!



●KEITH JARRETT / Creation / ECM / CD / 4721225 / CD / 2,300円+税


現代のカリスマ、キース・ジャレットの専売特許=完全即興演奏によるソロ・パフォーマンスの最新2014年音源が自身の70歳のお誕生日に登場!
今年で70歳という節目を迎えるキース・ジャレット。現代のカリスマとして現在も精力的に活動を行う彼の最新作は、自身の代名詞ともいうべき言うべき、完全即興によるソロ・パフォーマンス公演を収録したソロ・アルバム。キース・ジャレットの足跡を辿ると、わずか7歳でクラシックのソロ・ピアノ・リサイタルを開催、バークリー音楽大学に入学する前の62年に全米大学選抜ビッグ・バンドの一員として、ドン・ジャコビー楽団の『スウィンギング・ビッグ・サウンド』に参加。20歳でアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズに抜擢され、66年にはチャールス・ロイド・カルテットに加入し一世を風靡するなど、若くして成功を収めました。その活躍は世界中に広まり、マイルス・デイヴィス・グループ在籍中の71年11月に、同グループのヨーロッパ・ツアーの合間を縫って、当時発足間もないECMのトップ=マンフレート・アイヒャーが懇願し、オスロのスタジオで『フェイシング・ユー』を録音。この初ソロ・ピアノ作の成功を踏まえて、アイヒャーは73年にヨーロッパで18回のソロ・コンサートをブッキング。そしてローザンヌとブレーメン公演が初の独奏ライヴ作『ソロ・コンサート』としてリリースされると、全世界で絶賛を浴び、75年に次作『ザ・ケルン・コンサート』を制作。完全即興演奏によるソロ・ピアノというキース独自のスタイルを確立しました。本作は、ソロ・コンサート作としては2011年録音/発売の『リオ』以来4年ぶりの作品で、トロント、東京、パリ、ローマでの2014年のライヴを収録。複数の会場での音源をパッケージした作品としては過去に『ソロ・コンサート』、『サンベア・コンサート』(京都、大阪、名古屋、東京、札幌)、『ヨーロピアン・コンサート』(ブレゲンツ、ミュンヘン)、『レイディアンス』(東京、大阪)、『テスタメント』(パリ、ロンドン)がありますが、いずれも2枚組以上。つまり本作は複数の録音地を収めた1枚ものとしては初めてのソロ・ライヴ・アルバムです。録音地は東京が『サンベア・コンサート』(76年)、『ダーク・インターヴァルズ』(87年)、『レイディアンス』(2002年)、パリが『ステアケイス』(76年、スタジオ録音)、『パリ・コンサート』(88年)、『テスタメント』(2008年)の実績があり、トロントとローマは本作が初です。近年のソロ・コンサートの開催状況を見ると、2010年が3回、2011年が7回、2012年が8回、2013年が2回と、決して多いとは言えませんが、2014年はもとよりこの作品を見据え、本作未収録のニューヨーク(カーネギーホール)、モントリオール、ベニスを含む10回と精力的に公演を行い、作品化に向け全公演を収録していました。(新譜案内より)


1. Pt. I - Live At Roy Thomson Hall, Toronto / 2014
2. Pt. II - Live At Kioi Hall, Tokyo / 2014
3. Pt. III - Live At Salle Pleyel, Paris / 2014
4. Pt. IV - Live At Auditorium Parco della Musica, Rome / 2014
5. Pt. V - Live At Kioi Hall, Tokyo / 2014
6. Pt. VI - Live At Orchard Hall, Tokyo / 2014
7. Pt. VII - Live At Auditorium Parco della Musica, Rome / 2014
8. Pt. VIII - Live At Auditorium Parco della Musica, Rome / 2014
9. Pt. IX - Live At Orchard Hall, Tokyo / 2014






●KEITH JARRETT / BARBER:PF CON/BARTOK:PF CON3/JARRETT:TOKYO ENCORE / ECM / 4811580 / CD / 4811580 / 2,300円+税


キース・ジャレット70歳記念リリース


バーバーのピアノ協奏曲は1984年ミュンヘンでのライヴ、そしてバルトークは1986年東京でのライヴ録音。東京公演で伴奏を務めたのは秋山和慶指揮新日本フィルハーモニー交響楽団。1980年代から1990年代にかけ、即興演奏と共にクラシック・レパートリーを積極的に演奏していたキース・ジャレット。アルバムの最後には、東京公演のアンコールで演奏された即興演奏も収録されています。 (資料提供:ユニバーサルミュージックIMS)


【収録内容】
1. バーバー:ピアノ協奏曲
2. バルトーク:ピアノ協奏曲第3番
3. キース・ジャレット:ナッシング・バット・ア・ドリーム(アンコール、即興演奏)


【演奏者】
キース・ジャレット(ピアノ)


デニス・ラッセル・デイヴィス(指揮) ザールブリュッケン放送交響楽団 [1]
秋山和慶(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団 [2]


【録音】
1984年6月3日 ドイツ博物館コングレスザール(ミュンヘン)[1]
1986年6月30日 ゆうぽうと簡易保険ホール(五反田、東京)[2&3]
いずれもライヴ・レコーディング


1. BARBER:PIANO CONCERTO (1984;MUNICH LIVE)
2. BARTOK:PIANO CONCERTO NO.3 (1986;TOKYO LIVE)
3. KEITH JARRETT:NOTHING BUT A DREAM (1986;TOKYO LIVE-ENCORE)




【通販のご注文はこちらをクリック】
--------------------------------------------------------------------------------------------------
中央線/井の頭線沿線にお住まいのみなさま!お売り下さい!
CD LPレコードアナログ DVD Blu-ray 音楽本 音楽書籍 などの買取
下取りを行っております!
吉祥寺・中野・立川・三鷹・武蔵境・荻窪・高円寺・阿佐ヶ谷・武蔵野・石神井・田無・小金井・西東京・小平・国分寺・国立・八王子・調布・府中・多摩・杉並・練馬・世田谷・浜田山・久我山・高井戸・桜上水・千歳烏山・永福町・明大前など即日出張、無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は45年の査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。
ディスクユニオン吉祥寺ジャズ&クラシック館 吉祥寺駅徒歩2分 
地図
0422-23-3532   0120-273-537  dkk@diskunion.co.jp 


友だち追加数


 

ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。