◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。
   2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 



●ARCHIE SHEPP / ATTICA BLUES ORCHESTRA LIVE - I HEAR THE SOUND / ARCHIE BALL / CD / 2,200円

『アッティカ・ブルース』から40年
D.モイエ, A.クローディン・マイヤーズらシカゴの大御所 セシル・マクロリンもフィーチャー
アンブローズ・アキンムシーレも1曲ソロ炸裂!

『アッティカ・ブルース』から40年。そのスピリッツを伝えるべく結成されたその名も“アッティカ・ブルース・オーケストラ”のライブを収録した作品。
作品『アッティカ・ブルース』は71年に起きたアッティカ刑務所の暴動事件に対してのトリビュートの演奏。当時は流行し始めたファンクのリズムを取り入れたことをコマーシャリズムと評されたこともあり、昨今ではサンプリングされクラブシーンに大きく広まり、シェップのスピリッツと離れたところで語られることも少なくありませんが、背景には、根強い人種差別への反骨精神があるのはいうまでもありません。
そして、今、シェップが再び、その意味を問うています。
メンバーは、ドン・モイエ、アミナ・クローディン・マイアーズといったシカゴのジャズ・シーンを原点に活動し続ける歴史的なアーティストを核とし、パリのジャズ・シーンやコンサヴァトリーからの抜擢メンバー、ステファン・ベルモンドら南仏出身のアーティストたち。そして、セシル・マクロリン、アンブローズ・アキンムシーレらも招集。本プロジェクトには発端から、気持ちを一つにして演奏することで、世代や出身背景、文化的な違いを越えるというスローガンのようなものがあったとのことですが、メンバーに対し、シェップは、歴史的な背景や、演奏する意味、楽曲の目指す所を実際に説いたともいいます。また、ある日のステージ前には、ドン・モイエが“友達や自分のいとこがアッティカ刑務所に収容されていたこと。彼らが誰も戻ってこなかったこと”をシェップに語った一面もあったとのことです。
そんな背景から生まれた演奏には、間違いなく、メンバーの魂がこもります。思わず観客席から手拍子も生まれるチョッパーベースのイントロに、スピリチュアルなサックスとゴスペルのコーラス、またシェップの叫びが気骨を感じさせる「アッティカ・ブルース」をオープニングに、『アッティカ・ブルース』の数々の楽曲を6曲収録。特に、ファンクのリズムをベースに、分厚いブラスとストリングス、ゴスペル・コーラスが荘厳かつ劇的な音を生み出し、当時の勢いに負けじとしたスピリッツを感じさせるジョージ・ジャクソンへのトリビュート・ソングM3や、当時7歳だったカル・マッセイの娘が演じたヴォーカルをセシル・マクロリンが演じる「Quiet Dawn」などは聴きもの。またシェップの曲の数々に交って、1曲織り込まれたアミナ・クローディン・マイヤーズの楽曲(M2)も感動的。少女時代に合唱団でアメリカ南部を巡回したというアミナのここでの歌は、真のゴスペルであると共に、亡きアビー・リンカーンの世界も彷彿とさせ、胸に迫ります。

アーティストについて
37年生まれのシェップは2012年のコンサートの時点で75歳。近頃はバラード演奏やスローが多い印象もありましたが、伝えるべき現実に押されての演奏は力強く、サックスもヴォーカルも現役そのもの。生涯現役、語りつづけてほしいです。
アルバムのジャケットにはシェップの肉筆でこのような文章が・・ “Certainly some gave their lives hoping to change the world. Unfortunately-not much has changed. Perhaps- in some way-We are all Prisoners. ある意味私たちはみなとらわれの身・・この意味するところは・・・。

メンバー:
Archie Shepp(ts, ss, voice), Jimmy Owens(cond), Amina Myers(p, voice), Marion Rampal(voice), Ccile McLorin Salvant(voice), Tom Mc Clung(p), Famoudou Don Moye(ds, congas), Reggie Washington(b), Pierre Durand(g), Stphane Belmondo, Izidor Leintinger, Christophe Leloil, Olivier Miconi(tp), Sbastien Llado, Simon Sieger, Romain Morello, Michael Ballue(tb), Raphael Imbert, Olivier Chaussade(as), Franois Thberge, Virgile Lefebvre(ts), Jean-Philippe Scali(bs), Manon Tenoudji, Steve Duong(vln), Antoine Carlier(alto viola), Louise Rosbach(cello) The Cry of my people: Ambrose Akinmusire(tp), Darryl Hall(b), Conductor: Jean-Claude Andre
録音: 2012.9.9(Festival Jazz a la Villette), 2013.6.14(CNCDC Chateauvallon), 2013.6.17(Festival Les Nuits de Fourviere)

1. Attica Blues 8'02
2. Arms 7'31
3. Blues for Brother G. Jackson 6'56
4. Come Sunday 6'36
5. The Cry of My People 6'53
6. Quiet Dawn 9'12
7. Dj-vu 5'48
8. Steam 5'41
9. Goodbye Sweet Pop's 8'15
10. Ballad for a Child 5'04
11. Mama Too Tight 7'03





【通販のご注文はこちら】

--------------------------------------------------------------------------------------------------
中央線/井の頭線沿線にお住まいのみなさま!お売り下さい!
CD LPレコードアナログ DVD Blu-ray 音楽本 音楽書籍 などの買取
下取りを行っております!
吉祥寺・中野・立川・三鷹・武蔵境・荻窪・高円寺・阿佐ヶ谷・武蔵野・石神井・田無・小金井・西東京・小平・国分寺・国立・八王子・調布・府中・多摩・杉並・練馬・世田谷・浜田山・久我山・高井戸・桜上水・千歳烏山・永福町・明大前など即日出張、無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は45年の査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。
ディスクユニオン吉祥寺ジャズ&クラシック館 吉祥寺駅徒歩2分 
地図
0422-23-3532   0120-273-537  dkk@diskunion.co.jp 

ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。