◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。
   2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 



◆Georges Arvanitas Quintet / SOUL JAZZ(LP) / FPX193 / 税込¥3,990

近年、各レーベルにより、数多くのヨーロッパ盤のCDおよびアナログ盤の復刻が急速に進んだ。思いかえせば澤野工房の記念すべきCD第1弾はこのアルヴァニタスによる「3a.m.」と「Cocktail ForThree」であった(ともにPretoria原盤)。あれは確か1998年の暮れだったと記憶している。あれから11年…。ついに多くのファンが待ち望んでいたアルヴァニタスの「SoulJazz」がCD化となった。ヨーロッパ・ジャズ屈指のハード・バップ作品である。本作をはじめて聴いたときの興奮は今でも深く脳裏に刻み込まれている。“This Here”のファンキーな幕開けからはじまり、疾走感溢れる“Oblivion”、重厚なハード・バップ“Bohemia After Dark”など、エキサイティングな楽曲がズラリと並ぶ。これだけ五臓六腑をビンビンとやられては、いやがうえにも忘れられない作品となるものだ。さらにジャケット。この絶妙な文字と写真の構図、そして大胆な色使い。名盤は概してジャケット・デザインも秀逸なのだ。アルヴァニタスは18歳でプロとして本格的に活動をはじめ、2005年9月25日にパリで生涯を終えた。発表された作品中、我が国では前述のPretoria盤2枚と「TrioinConcert」(Futura)が深く愛聴されてきた。しかし、本作のCD化により、ベールに包まれていた内容が広く知れ渡ることになる。今後、“アルヴァニタスの最高傑作は「SoulJazz」”と豪語するリスナーが増殖するに違いない。Text by 塙 耕記※CD版ライナーより

Georges Arvanitas (piano), Francois Jeanneau (tenor sax)
Bernard Vitet (bugle), Michel Gaudry (bass),Daniel Humair (drums)


ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。