◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2019年9月30日までに記載された価格は消費税率8%に基づいています。
   2019年10月1日以降のお問い合わせの場合は税率10%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 



RECORD STORE DAY限定商品は
店舗/オンライン・ショップ共に予約販売をいたしません。予めご了承ください。

■店舗では11/29(金)の開店と同時に販売をスタートいたします。
※発売当日に限りまして、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。
※発売当日の電話での予約/取り置きはお断りさせていただきます。

■オンライン・ショップでは12/6(金)の午前0時より販売・発送および未入荷品の予約受付を開始いたします。
※発送開始の時期自体は11/29(金)とこれまでと変わりはありません。

■店舗の店頭・電話・メールでの通販に関しましても、商品確保・発送および未入荷品の予約受付は12/6(金)以降となります。
※店頭では、ご来店前提の在庫商品のお取り置きのみ、11/30(土)より受付いたします。

▼当店入荷タイトル一覧▼
(※全タイトル 限定につき少量入荷となります。売り切れの際はご容赦ください)


●BILL EVANS ビル・エヴァンス / LIVE AT ART D'LUGOFF'S TOP OF THE GATE (2LP)
輸入LP 7,920円(税込) (RESONANCE RECORDS(JAZZ) / HLP9012B / 0712758040428)


※2LP, 180g Black Vinyl (33 1/3RPM)
※4ページのリーフレット(写真、エッセイ)付き
入手困難だったResonance発掘のB・エヴァンス・トリオの68年録音がアナログ重量盤で再発!!
このRSDリリースは、ビル・エヴァンス・トリオ(エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds))が1968年10月24日にNYの"Art D'Lugoff's legendary Village Gate club"に出演時の録音で、2012年に3LP(45RPM)ボックスで初リリースされた後、廃盤となり3年余り入手不能だったものです。

Resonanceレーベルの設立者で現社長のジョージ・クラビンが21歳の時に録音した音源を、オリジナル・テープからディジタル・リマスタリングしたこの豪華2LP折り込みセットは、Tom Copi、Jan Persson、Raymond Ross、Fred SeligoおよびHerb Snitzerによる写真や、ジャズ評論家ナット・ヘントフ、ゲイリー・バートン(vib)、ラルフ・ドルゴフ(アート・ドルゴフの息子)らによるエッセイを掲載した、4ページからなるリーフレット付き!
こちらは、全世界で4000枚限定プレスの180g重量盤で、Bernie Grundman氏のマスタリング、Record Technology社のプレスによる33 1/3RPM仕様となります。
(RSDのHPより)

1968年、ビル・エヴァンス・トリオ@NYトップ・オブ・ザ・ゲイト
最長の活動歴となったゴメス、モレルとの第二期トリオ
その最初期のライヴを捉えた作品!!33 回転2枚組LPとなって登場

1968 年10 月23 日NY のヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2 階)にあったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのビル・エヴァンス・トリオを捉えた『Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate』が 33 回転、2LP で登場!!

メンバーは、11 年間もの長きにわたって重責を果たしたエディ・ゴメス、そして、マーティ・モレルによる第二期トリオ。このトリオでは、その後7 年に及ぶ最長の活動を続けますが、本音源は、その最初期を捉えた貴重音源となります。

“エミリー”をオープニングに、のべ17 の曲は詩的でリリカル。トリオ結成まだ間もないだけに、従来のアレンジや展開なども見える演奏。しかしそれだけに、ビル・エヴァンスの、実にビル・エヴァンスらしい演奏が魅力的。『ポートレイト・イン・ジャズ』の中でも超名演とされる“枯葉”におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏など、エヴァンス・ファンには嬉しい演奏を聴くことができます。一方、ライヴならではの、テンポの走りなどにはジャズの“生”な感じがあり、エキサイトしたパッションの証も感じられます。

録音は、実に、Resonanceの社長であるジョージ・クラビン。エヴァンスのマネージャーであったヘレン・キーンと交流があったクラビン。「新しいトリオが演奏するから、録音してほしい」とのリクエストをヘレンから直々に“受けて”機材を持ち込んで録音したとのこと。それを今や“ジャズ探偵”との異名も手にした( 当時はまだ駆け出しのプロデューサーであった)ゼヴ・フェルドマンが発見し、作品化。

今や、ジャズ・ファンの間で、すっかりおなじみとなったResonanceの原点的一枚でもある作品。かつてリリースされていた45 回転盤の3 枚組は廃盤でもあり、嬉しい復刻です!

Personnel:
Bill Evans: piano
Eddie Gomez: bass
Marty Morell: drums

Date: October 23, 1968
Location: Art D'Lugoff's legendary Village Gate club in New York City



●HERBIE HANCOCK ハービー・ハンコック / DIRECTSTEP (LP)
輸入LP 3,630円(税込) (GET ON DOWN / GET51332LP / 0664425133219)


テクノロジーの進歩を貪欲に吸収する、H・ハンコック(p,key)の1979年作品

70年代、伝説的なジャズ・ピアニスト/作曲家のハービー・ハンコックは音質やレコーディング・フォーマットについて実験的な取り組みをしていたが、コロンビアのアルバムでは日本のみで発売されたものがありました。1979年の「Directstep」はそんな作品の一つで、「Direct-To-Disc」と呼ばれる録音手法が使用されたものでした。この手法では、リアルタイムでマスターをディスクへ書き込むため、驚異的な高音質でLPをプレスできる一方で、編集・オーヴァーダビングの可能性を犠牲にしなければならない、というハンコックのグループにもきついチャレンジを要求するものでした。
「Directstep」はその他にも、リリコン、Prophet-5シンセサイザー、80年代以降にエレクトロ・ファンクで重要な武器なったヴォコーダーなどといった新しい電子楽器のような、進歩的な技術を利用してします。
"Butterfly" や"I Thought It Was Youのリメイク、新曲"Shiftless Shuffle"をフィーチャーした今回の「Directstep」の復刻は、RSDブラック・フライデーの30年間の歴史の中で、初登場です!!
(RSDのHPより)

Personnel:
Herbie Hancock - Fender Rhodes, clavinet; Oberheim, Prophet, Yamaha CS-80 and Minimoog synthesizers; vocals, Sennheiser Vocoder
Webster Lewis - Hammond B-3 organ; Prophet, Yamaha CS-40, ARP String Ensemble and Minimoog synthesizers; Fender Rhodes, backing vocals
Bennie Maupin - soprano saxophone, tenor saxophone, lyricon
Ray Obiedo - Electric guitar
Paul Jackson - electric bass
Alphonse Mouzon - drums
Bill Summers - percussion

Recorded: October 17 18, 1978



●JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / OW! LIVE AT THE PENTHOUSE 1962 (2LP)
輸入LP 7,920円(税込) (REEL TO REAL / RTRLP003 / 0875531016833)


※LP

ホレス・パーラン(p)、バディ・キャトレット(b)、アート・テイラー(ds)をフィーチャーした、ジョニー・グリフィン(ts)、エディー・”ロックジョウ”・デイヴィス(ts)の双頭クインテットの1962年の未発表録音の正式なリリースです!!
グリフィンと”ロックジョウ”デイヴィスのコンビの貴重なリリースは、バーニー・グランドマンによる、オリジナルの10"テープからの7 1/2IPSでの直接転送でのマスタリングを使用した、豪華な限定180g重量盤仕様で、レアな写真や、テッド・パンケン(評論家)、マイケル・ウェイス(ピアニスト)、ゼブ・フェルドマン、コリー・ウィード(共同プロデューサー)、ケニー・ワシントン(ドラマー)、ジェームス・カーター(サックス)らのエッセイを含むブックレット付です!!
(RSDのHPより)

Personnel:
Johnny Griffin (ts)
Eddie “Lockjaw” Davis (ts)
Horace Parlan (p)
Buddy Catlett (b)
Art Taylor (ds)
from 1962. Released in partnership with the estates of Johnny Griffin and Eddie “Lockjaw” Davis
Tracks 1 - 6 recorded May 30, 1962
Tracks 7 - 12 recorded June 6, 1962
Recorded live at The Penthouse in Seattle, Washington



●MILES DAVIS マイルス・デイビス / EARLY MINOR: RARE MILES FROM THE COMPLETE IN A SILENT WAY SESSIONS(LP)
輸入LP 3,300円(税込) (LEGACY / 19075978321 / 0190759783214)


※LP
「The Complete In a Silent Way Sessions」(2001)で初めて発表された幻の3トラックが初アナログ盤リリース!
60年代の黄金クインテットの解体時期から、先駆的な「ビッチェズ・ブリュー」発表に至るまでの期間、マイルス・デイヴィスは数多くの過渡期的なセッションでのレコーディングを行っているが、「In a Silent Way」はその最高点ともいえるリリカルな美しさに溢れる作品。
本作品に収められた、"Splashdown"、"Early Minor"、"The Ghetto Walk"の3つの質の高いトラックは、2001年リリースの「The Complete In a Silent Way Sessions」で初めて発表されたもので、それ以降で初めてアナログでの一般的なリリースとなるものです!(レコード・ストア・デイのInfoより)

今年のRecord Store Day Black Friday2019ジャズリリースタイトルの目玉の一つはコレでしょう!!
2001年にCDで発売された「The Complete In a Silent Way Sessions」で初出となった3曲が初アナログ盤化。「In a Silent Way」本編の音源は入ることなく、初出となった3曲のみがピックアップされて収録されているので、本編をお持ちの方はダブることがないのもポイント。ファンの多い「In a Silent Way」の時期の音源ということでマイルス・マニアはもちろんのこと、エレクトリック・マイルスやモーダルが好きな方も見逃せないリリースです。

Personnel:
Wayne Shorter (Tenor Saxophone)
Miles Davis (Trumpet)
Chick Corea, Herbie Hancock, Joe Zawinul (Electric Piano)
Joe Zawinul (Organ)
Dave Holland (Bass)
Tony Williams* Jack DeJohnette (Drums)

Recorded: September 1968-February 1969



●MILES DAVIS マイルス・デイビス / MILES IN TOKYO (LP)
輸入LP 3,630円(税込) (GET ON DOWN / GET51279LP / 0664425127911)


※LP

1964年のマイルス・デイヴィスは最強のアンサンブル結成に漕ぎ出そうとしていた。この年、初めての日本ツアーへ向け、ハービー・ハンコック(p)、ロン・カーター(b)、トニー・ウィリアムス(ds)という第2期黄金クインテットのサイドマン(の3/4)を同行する準備を整えていました。加えて、脱退したジョージ・コールマン(ts)の代役として抜擢されたのが、サム・リヴァース(ts)でした。マイルスとリヴァースの間には多くの成果が生じることなく、日本ツアー終了後にリヴァースは脱退、念願のウェイン・ショーター(ts)参加によって第2期黄金クインテットが本格始動することになりました。

短期間となったサム・リヴァース参加時の作品「Miles In Tokyo」は日本では入手可能だったものの、米国内では"Get On Down"がBlackFridayに向けて、初のアナログ再発となります!
(レコード・ストア・デイのInfoより)

ソングリスト
A1. If Were A Bell
A2. My Funny Valentine
B1. So What
B2. Walkin
B3. All Of You




●TAMBA 4 タンバ 4 / CALIFORNIA SOUL
輸入LP 3,960円(税込) (ELEMENTAL / 620867 / 8435395502822)


これは快挙。1960年代。本国ブラジルのみならずアメリカのジャズ・シーンでも活躍した伝説的ジャズボサ・グループTAMBA 4。ピアノトリオ編成でのブラジルPHILIPS期を経てアメリカに渡り、当時栄華を誇っていた名門レーベルCTI/A&Mからのアルバム・リリースで一躍スターダムにのし上がった。洗練されたピアノとファンキーなリズムセクションの妙が如何なく発揮された、まさに黄金期と呼べる時期の未発表音源が、今回のRSD BLACK FRIDAY 2019で遂にベールを脱ぐ。しかもこの音源、熱心なボサノヴァ・レコード・コレクターの間では長く語り草にもなっていた音源で、レコーディング終了後にCTI名プロデューサー、クリード・テイラーから発売ストップがかかってしまった幻のカタログとも言われるいわく付き。仮にそれが事実だとすれば完全なる未発表アルバム、そしてCTI幻の型番という大変なニュースとなるであろう。表題曲でもある「CALIFORNIA SOUL」は当時唯一シングル・カットされたレアEPであり、今も衰えることのない人気を誇り続ける永遠のキラーチューン。この一曲だけでもすでに快挙と言える復刻であろう。レコーディングはもちろん伝説のエンジニア、ルディ・ヴァンゲルダーが担当。全世界1440枚限定プレス。180g重量盤でのリリース予定。


--------------------------------------------------------------------------------------------------
中央線/井の頭線沿線にお住まいのみなさま!お売り下さい!
CD LPレコードアナログ DVD Blu-ray 音楽本 音楽書籍 などの買取
下取りを行っております!
吉祥寺・中野・立川・三鷹・武蔵境・荻窪・高円寺・阿佐ヶ谷・武蔵野・石神井・田無・小金井・西東京・小平・国分寺・国立・八王子・調布・府中・多摩・杉並・練馬・世田谷・浜田山・久我山・高井戸・桜上水・千歳烏山・永福町・明大前など即日出張、無料査定いたします。
CD、LPレコードの買取は52年の査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任せください。
ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館 吉祥寺駅徒歩2分 
地図

0422-23-3533   0120-273-537  dkk@diskunion.co.jp 

友だち追加数 

ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

吉祥寺のジャズ・スポットのご案内。
ぜひお立ち寄りください

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。