◆ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館のブログ及びショップニュースに掲載されている商品
  のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。
   2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。
      予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
 

レコードジャケット物語のカテゴリー記事一覧



ご存知SOULTRANEのオリジナル盤を3枚並べてみました。
よーくご覧下さい。ジャケット右下に小さな文字で写真家のクレジットがあります。
色が違います。白、黒の2種類あるのです。

さらに。
この写真ではわかりづらいと思いますが、
ジャケットのブルーの色自体、ここに並べた3枚とも微妙に違うのです。
さらに・・・コルトレーンの顔の陰影、濃淡も違います。
日焼けなどの経年変化ではありません。

当然、ここで噴出するのがどれが先か?という問題です。

ジャケットの作り、表記などに違いはなく、唯一の手がかり、レコードのマトリクスはA面とB面の組み合わせがバラバラな上、連続性がなく、ほぼ判別不可能。
まわりのコレクター、廃盤専門店でも知っている人はいませんでした。
そりゃ何枚か並べないと違いに気がつかないですよね。

いつからクレジットの色が変わったのかわかりませんが、マトリクスのことを考えると、かなりの枚数がプレスされていることは確かなようです。
つまりジャケットも何度も版を重ねたわけで、その際に特に意図もなく、変更というよりは、なんとなく変わってしまったと考えるのが妥当かと。
そうであればジャケットの色が微妙に変わっていったことも納得です。
ま、この辺はよく使われる「アメリカだから」というフレーズで済ませてしまいたい。

多分10枚くらい並べてみれば、白と黒どっちが先か、わかるかもしれません。


このジャケットは2nd edition になるのでしょうか。それともこちらが先?
壁(現代彫刻?)の前に立っている写真のほうがおなじみですね。
バックに写っているのはNew YorkのGuggenheim Museum(グッゲンハイム美術館)です。
New Yorkの美術館で近代美術に関してはMOMAとここ、と言われています。
 
設計はあのFrank Lloyd Wright。ここまでくると美術館自体が作品ですね。
これが写っているというだけで、思わず買ってしまった1枚です。

しかしこのフォルムといい、画像の雰囲気といい、
まるで50年位前のSF映画でも観ているかのような錯覚に陥りませんか。
STAR TREKのEnterprise号に見えてくるのはわたしだけ?
 
ニューヨークといえば他にも有名なビルは沢山ありますが、
あえてここをバックにしたのは、自身のルーツ、インスピレーションの源を
明らかにしたものと考えればよいのでしょうか。
Riversideでの諸作を抽象的なデザインでカヴァーしていることを考えると、
このストレートな写真は象徴的です。
 
一緒に写っている車がまたかっこいいですね。
Yellow Cabのようにも見えますが、塗装が違うし、かといってパトカーっぽくもないような。

今回もエラージャケットです。
ヨーロッパ盤を探求しておられる方でしたら、おそらくご存知の1枚。
これを買い取ったときは、思わず感嘆の声をあげてしまいました。

でも興味のない方にはこれだけ見せられても何がナニやら。
どこがエラーなのか、さっぱりわかりませんね。
つい先日までもう1枚、ノーマルなオリジナルがあったので、
比較のためにそちらの写真も撮っておけばよかった。

ノーマルなやつはジャケット左下に、大きな赤い文字で
switch
とプリントされています。

ジャケット裏にも本来はプリントされているはずですが、やっぱりない。
もちろん後からこれを削除して作り直した、とは考えにくいので、
これが初版、というわけです。

同じような色抜けは以前ジャズ批評で、松尾明さんがご自身のコレクションから
DEXTER GORDON "Go" を紹介していましたね。
そんなのあるんだ!と驚きました。
Sonny Clark  "Cool Struttin' "  Blue Note BLP1588
42640e9e.jpeg
















いまさら説明不要の名盤のジャケットを持ち出してなんだ?
と思われる方は、ご自分のコレクションをひっぱりだして確認してください・・・どうですう?
 
これは87年にUS/CAPITOLがプレスしたときのものです。エラーです。
わりによく見かけるのは回収しなかったのでしょうか。

あれ?そういえば字は反転していないですね。
ということは、タイトルなどは後載せしていることになります。
つまり、ジャケットを複写したわけではなく、もとのネガから写真をおこした?
あるいは、もともと反転したデザインがあって、それをうっかり使ってしまった?

しかし見本刷りくらい確認しなかったのでしょうかBLUE NOTEオフィスの面々は。
まあそのおかげで今僕らが面白がっていられるのですが。
 
血眼になって探す方はさすがにいらっしゃらないと思いますが、
やはり面白がる方が多いのか、すぐ売れてしまいます。
 
明日の朝に店頭に出しますので、よろしければお手に取ってその違和感を味わってみてください。

 

ディスクユニオン 吉祥寺ジャズ館

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-24
小島ビル2F
tel : 0422-23-3533
fax : 0422-23-3530
mail: dkk@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-273-537
0422-23-3533 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~20:00

吉祥寺店

サービス案内

寺島レコード

寺島レコード アイテム情報

寺島レコード アイテムのことなら
diskunion 吉祥寺ジャズ館にお任せです!

●V.A.(寺島靖国) / JAZZ BAR 2016入荷しました

ジャズ喫茶 & ライブハウス

◆ブログ掲載品についてのご注意

ブログ掲載品につきましては、 その後在庫切れとなっている場合もございます。 ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。